おつNAVI
観光-自然- 観光-湧水- イベント情報
食事処 宿泊 温泉
店舗-買- 店舗-生活- 病院
乙部町地域雇用創造協議会
乙部するさと会

 




面積 162.56k㎡
人口 4,010人(2015年03月31日)
人口密度 24人/k㎡
町の木 すぎ
町の花 ゆり

●乙部町役場所在地
〒043-0103
北海道爾志郡乙部町緑町388番地
TEL 0139-62-2311



乙部という地名の語源は、アイヌ語の「オトウンペ」(河口にある川)から転訛したものと考えられ、その川は、現在も市街地を流れている「姫川」がそれにあたります。



明治 2年  官軍上陸
明治11年  乙部、三ツ谷、小茂内、突符、蚊柱学校開校
明治12年  乙部村戸長役場、三ツ谷村戸長役場設置
明治16年  江差警察署乙部分署開庁
明治26年  江差区裁判所乙部出張所(登記所開庁)
明治35年  二級町村制施行「乙部村」
明治45年  乙部村魚業組合設立
昭和23年  乙部村農業協同組合設立
昭和40年  町制施行
昭和51年  乙部町民会館新築落成
昭和54年  乙部町民体育館新築落成
昭和58年  乙部町公民館新築落成
平成 2年  「海のプール」オープン
平成 5年  北海道南西沖地震発生
平成11年  おとべ温泉いこいの湯完成



 乙部町にはじめて人間が住みついたのは、約1万2千年前頃で、千岱野遺跡でこの時代の石刃、尖頭器が採集されています。
 和人の移住は伝承や記録により嘉吉年間(1441年~44年)~安永年間(1772年~82年)の300年の幅があって判然としていません。
 乙部町の地名が史料で初めて見えるのは「松前年々記」(1633年)「ヲトベ瀬茂内マテ舟ニテ順見」で、そして「松前島郷帳」(1711年)では「乙部村・小茂内村・大もない村・とつふ村・みつ屋村・かはしら村」の6か村が記録され、「和人地」に組み入れられて集落を形成しています。
 社寺が建立され集落が形づくられていく中で大島噴火に伴う大津波(1741年)で多くの死者を数える大惨事や乙部村大火(1861年)では170戸を超える家屋が被災しました。

 明治維新では、松前藩が旧幕府軍に追われての後退(1868年)や翌年には明治政府軍が乙部に上陸して進軍を始めるなど函館戦争と深い係わり合いがあります。
 明治35年 (1902)北海道二級町村制により村名を乙部村とし、それまでの乙部村、小茂内村、突符村、三ツ谷村、蚊柱村は村の大字となりました。
 漁業を中心に発展を遂げた乙部村は、昭和40年(1965)に町制を施行し「村」 から 「町」になりました。


●気候
 日本海を北上する対馬暖流の影響を受け、5-10月の平均気温は17℃と比較的温暖ですが、冬期間は強い北西の季節風に見舞われるため、体感温度は低く、また1年を通してみても、年間平均風速は6.3m/sと高くなっていることから、乙部町は風の強い町と言えます。



 乙部町の農業は、明治13年(1880)の開進会社第二会所の乙部入植が本格的な農業の始まりです。
 昭和28年(1953)に凶漁対策として導入されたアスパラガスはその後、特産農産物へと大きく変貌を遂げました。
 収益性の高い作物としての食用百合根は、昭和43年(1968)に栽培が始まり、乙部町百合根栽培振興会が昭和54年(1979)に第9回日本農業賞を受賞しました。
 近年は、ブロッコリーやビニールハウスで立茎アスパラガス、高設イチゴ栽培が行われています。



 檜山の主力魚種であったニシンの漁獲量は、明治36年(1903)のピークに大正6年(1917)には皆無となりました。昭和初期の主要水産物は、スケソウ、スルメ、コンブでしたが、近年はスケトウダラの資源管理型漁業、サクラマスの孵化事業を中心とした、ホタテやムラサキウニ、ナマコなどの栽培魚魚を展開しています。



(文化財)
・蝦夷錦七条袈裟(平成10年3月3日指定)
蝦夷錦とよばれる中国役人用の儀礼服「朝服」を裁断した袈裟と横被で龍模様が特徴となっています。

・享保七年銘半鐘(平成13年3月9日指定)
享保七年(1722)に村民が大茂内清順庵に寄進したものです。

(観光)

・元和台海浜公園

平成10年に環境庁「日本の水浴場55選」に北海道から唯一選出されました。海水が循環するように整備され、海の波の状態に関係なく、子供から大人まで安心して楽しむことができます。

・縁桂

樹高約40m、日本の桂の木が高さ約6mのところで絡み合い連理木となっています。この木に触れると良緑に恵まれると崇められています。昭和48年に北海道記念保護樹木に指定、平成12年「全国森の巨人たち百選」に選定されています。

(天然記念物)

・鮪の岬の安山岩柱状節理 ‐ 昭和47年4月1日  北海道天然記念物に指定

鮪の岬の柱状節理は、上半分が柱を横に重ねたように、下半分は縦に並べたようになっており、上下で異なる景観は全国でも珍しい。
(祭事・催事)

・元和台マリンフェスティバル(7月)
・温泉&産業祭り(8月)
・ふれあい交流盆踊り(8月14日)
・八幡神社例大祭(8月14日~16日)
・シバレ・ふれあい富岡(1月下旬)

|