かぼちゃ

農家の皆さんの土作りに対する努力と乙部町の爽やかな気候で育った南瓜の特長はなんといっても“甘さ”と“ホクホク感”にあります。8月下旬から12月にかけて出荷され、首都圏の皆さんに味覚で北海道の秋の訪れを感じていただいています。乙部町で主に栽培されている南瓜の品種をご紹介します。

坊ちゃん

手のひらサイズと小さな南瓜ですがホクホクとした食感と甘さは大きな南瓜に負けません。手ごろな大きさから、グラタンなどの器にしたり、ラップに包んで電子レンジで加熱して食べたりと、あらゆる用途に活躍する南瓜です。

くじゅうくりEX

大きさは1.8kg程度で果形はやや尻部がとがる栗の形をしています。果肉の黄色が大変濃く、カロテンの含有量も高いヘルシーな南瓜です。

白い九重栗

貯蔵性に優れた白い南瓜です。ホクホクとした食感と強い甘みが特長で首都圏でも大変人気のある南瓜です。

代表的な栄養素 ※100gあたり
 カロテン 4mg
 ビタミンC 15mg
 ビタミンB1 0.07μg
 ビタミンB2 0.09μg
上記の栄養素の他にも、でんぷんやたんぱく質、カロテノイドが多く、カロテノイドは、がんの予防に期待ができるようです。
 オススメレシピ